ゼロから始めるほったらかし運用生活+

”かぶぬしゆうたい”と”いんでっくすふぁんど”を、ぴーなつたべながらまったりやるます

確定申告で還付金をもらった

こんにちは あるいは こんばんは

 

 

先日、確定申告による税の還付がありました。

今年の還付金を受領したため、外国株の二重課税対策について紹介します。

 

 

まず、そもそも何故確定申告が必要なのかというと、外国株の配当金・分配金は、外国で税金(米国なら10%、イギリスなら0%など国による)を引かれ、その後に日本でも税金20.315%が引かれます。私が保持している外国株はほとんど米国株のため、受領している配当金などは約3割が差し引かれた金額となっています。この二重に課税される問題を解決するために、確定申告を行うことで、米国課税の約1割にあたる金額が戻ってきます(そもそも収入がないと戻らないなど、少しの条件があります)。

 

逆に言うと、確定申告していなくても、個人が損するだけで何の罰則もありません。もちろん、NISA口座や特定口座を利用している場合です。

 

ちなみにNISA口座を利用する場合は、日本での課税はされませんが、米国課税のの10%など外国の課税分は確定申告でも戻りません。

そこで、イギリス株など現地課税0%の株をNISA口座で保有すると、税金なしで配当金などを受領できます。私の場合、配当金目的でBTIを保有しており、BTIに関してはすべてNISA口座を利用しています。前回のブログなどを見てもらえると分かりますが、BTIから3ヶ月毎に15,000円の配当金があります^^

外国株・日本株の配当金を受け取った(1〜3月分・2022年) - ゼロから始めるほったらかし運用生活+

 

 

 

今年は、iPhoneを使用して確定申告を行いました。

iPhoneiPadで確定申告を行う場合、必要なのはマイナンバーカードのみのため、とても楽です。パソコンの場合、機種によりますがカードリーダーが必要になります。さらに、OSやアプリケーションのアップデートが地味にめんどうです。

他に用意するものは、源泉徴収票と、証券会社から発行される「特定口座年間取引報告書」です。

 

 

初めての方でも、30分から1時間あれば十分に、米国株二重課税分の還付及びふるさと納税についての確定申告はできると思います。実際、今回、送信データエラーと、複数回のマイナンバーカード認証エラーがあったせいで余計に時間はかかりましたが、確定申告作業に1時間もかかりませんでした。

 

ただし、確定申告時に1点、悩む点があります。それは、所得税と住民税をそれぞれ「総合課税か申告分離課税か」を選択する点です。主に収入の額によってどの選択が特になるか変化します。

 

この選択において、私は、ひろめさんの書籍とブログを参考にしました。

【筆者が語る】『バリュー投資家のための「米国株」データ分析』に込めた想い - 複利のチカラで億り人

 

後は、源泉徴収票と取引報告書に従って入力するのみです。最後に、還付予定金額が示されます。昨年はふるさと納税を利用しなかったため、米国株などの二重課税分への還付金のみとなっています。

 

 

3月中旬に確定申告を行い、4月13日に還付金を受領しました。画面は、マネーフォワードアプリのものです。話は変わりますが、無料でも利用可能なこのアプリ、とても重宝しています。

資産管理ツールノスヽメ - ゼロから始めるほったらかし運用生活+

 

3万円のお小遣いは嬉しいです。

 

 

還付金により配当金等の推移を更新しました。

 

○配当金等の推移

2022年の配当 計約69,000円

 1−3月 69,000円

2021年の配当 計約328,000円(還付金33,000円含む)

 10-12月  82,000円

 7-9月 72,000円

 4-6月 86,000円

 1-3月 55,000円

2020年の配当 計約79,000円

 10−12月 44,000円

 7−9月 35,122円 ※日本株のみ

2019年8月末 初めての株を購入し運用スタート

 

 

 

ここ数日は低迷・一部暴落していますが、米国株の上昇と円安ドル高によって、私の保有する外国株の含み益がとんでもないことになっていました。最近、運用をほったらかしていたので驚きです。

しかし、長期運用目的の場合、これはよくない事象です。個人ではコントロールできないことですが、あくまで現金にするときなどに、円安ドル高・株価上昇していて欲しいものです。

 

外国株・日本株の配当金を受け取った(1〜3月分・2022年)

こんにちは あるいは こんばんは

 

 

4月から新生活を営む皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

 

ついに、本ブログで陰ながら推奨している大好きな漫画「スパイファミリー」がアニメ化されます。ブログ名のAniaのスペルは違うようですが、とても嬉しいです。今から楽しみで仕方がありません。ハスハス♫

 

 

さて、毎度の外国株と日本株の配当金を受け取りました。

2022年1月から3月までの3ヶ月分です。

運用を始めて2年と10カ月が経過し、良い感じでほったらかしできているかと思います。

 

 

SBI証券

SBI証券での配当金などは、税引き後65,545円でした。

f:id:ania7:20220401225744p:plain

18銘柄から受領しました。

f:id:ania7:20220401225909p:plain

 

 

楽天証券

楽天証券での配当金は、税引き後約$30、日本円で3600円ほどでしょうか。

f:id:ania7:20220401230201p:plain

 

 

 

○配当金等の推移

2022年の配当

 1−3月 69,000円

2021年の配当 計約295,000円

 10-12月  82,000円

 7-9月 72,000円

 4-6月 86,000円

 1-3月 55,000円

2020年の配当 計約79,000円

 10−12月 44,000円

 7−9月 35,122円 ※日本株のみ

 

 

順調に増加しているのが嬉しいです。上記の配当金は確定申告前の金額のため、米国株などの二重課税の一部が戻ることから、確定申告後は8%ほどプラスになります。

 

 

 

○今後

中国株ETFのCXSE、石油株ETFのVDE、金鉱株ETFのGDX、金株ETFのGLDを新たに買い付けしたため、外国株の保有銘柄数が21となりました。素人の投資・運用では、「個別銘柄は10〜15銘柄くらいがちょうどよい」と言われることが多いです(ばふぇっと太郎さん、じっちゃまさんなど)。そのため、いくつかの個別株を売却し、ETFメインに移行しようと思います。

その意味では、同じタイミングでSBI・楽天証券ともに、ETF買付手数料無料のサービスが拡大されましたので、ありがたい限りです。

 

 

 

 

米国株・日本株の配当金を受け取った(10〜12月分・2021年)

こんにちは あるいは こんばんは。

 

米国株と日本株の配当金を受け取りました。

2021年10月から12月までの3ヶ月分です。

運用を始めて2年と7カ月が経過したため、ようやく2年間分の配当金などを比較できます。

 

 

 

結果をまとめる前に、なんと、昨年の11月頃からSBI証券のウェブサイトに「My資産」という機能が追加されました。これにより、今まではまとめることのできなかった配当金・分配金のみを集計することや、SBI口座全体のポートフォリオ、そしてそのグラフを可視化することが可能となりました。

 

今までSBI証券は配当金などを個人で集計しなければならず、楽天証券よりも3段階くらい使いにくいと思っていましたが、今回の機能追加により他の証券会社ウェブサイトと遜色なくなりました。そう考えると、2021年は、SBI証券が米国株用のスマホアプリを新規に公開したりと、ようやく力を入れてきたのを感じます。それでも、楽天はアプリ1つで国内株・海外株を売買できるが、SBIは2つのアプリが必要など、使いやすさでいうと、楽天証券に軍配が上がります。

 

 

 

それでは、今年最後の四半期の結果です。

「My資産」機能により、すぐに下記の一覧を表示可能です。

f:id:ania7:20220119075735p:plain


これは便利^^

 

2021年10月から12月までの配当金・分配金は、税引き後、米国株28,794円、国内株14,200円、プラス上記にない楽天証券分3100円(ARCC)の、46,000円でした。

 

 

 

○配当金の推移 ※米国配当金はその月の為替で概算

2021年の配当 計約259,000円

 10-12月  46,000円

 7-9月 72,000円

 4-6月 86,000円

 1-3月 55,000円

2020年の配当 計約79,000円

 10−12月 44,000円

 1−9月 35,122円 ※日本株のみ

 

 

 

とブログを書いていて、こんなに配当金などが減るのはおかしいと思い、ウェブ履歴から配当金などの小計を確認すると、「My資産」の集計は間違っていました。この機能、適当です。

ウェブサイトの外貨入出金履歴をCSVでダウンロードし、入金などの項目を削除し、計算し直しました。

 

f:id:ania7:20220119075003p:plain

SBI米国株$418*114円=47,000円 +日本株32,000円 +楽天米国株3,100円の計82,000円

 

 

○改めて配当金の推移 ※米国配当金はその月の為替で概算

2021年の配当 計約295,000円

 10-12月  82,000円

 7-9月 72,000円

 4-6月 86,000円

 1-3月 55,000円

2020年の配当 計約79,000円

 10−12月 44,000円

 7−9月 35,122円 ※日本株のみ

 

 

厳密には、もう2万円ほど2021年の配当金などの合計額が増えます。米国株の配当金などには、日本と米国からの二重課税がかかっており、確定申告で配当金などの10%分がほぼ戻るためです。

 

 

My資産機能については、何度か試し直しましたが、やはりどう見ても半分くらいの履歴しか集計していませんでした。

残念です。

 

イオンの株主優待が届いた

こんにちは あるいは こんばんは。

 

イオンの株主優待特典である返金引換証が届きました。

f:id:ania7:20211103213102j:plain

 

イオンの株主優待は、買い物時の3%がキャッシュバックされるオーナーズカードです。イオン、マックスバリュ、ザ・ビッグ、スーパーセンター、マイバスケットなどのイオン系列での買い物金額もまとめてくれるため、イオンなどでの買い物が多い方には重宝する特典となっています。

 

 

 

今回の私の半年分の買い物金額は5万円弱のため、3%の1,495円が返金されます。

f:id:ania7:20211103213149j:plain

 

 

 

以下、前回のブログのコピーも使用しています。

イオンの株主優待が届いた - ゼロから始めるほったらかし運用生活+

 

それでは、株主優待目的の目線でイオンについて見ていきます。

 

 

1 優待特典

株主優待では、優待カード=オーナーズカードをもらえ、以下の特典があります。

 100株 3%

 500株 4%

 1000株 5%

 3000株 7%

「半期100万円を限度とする買物金額に対し、保有株数に応じつ割合で返金」

 

また、オーナーズカードは2枚もらえるため、家族とも共用可能です。さらに、3年以上継続かつ1000株以上保有した場合、2月に自社ギフトカードももらえます。

権利付最終日は2月と8月となっており、複数の雑誌の人気株主優待に毎回登場する銘柄でしょう。

 

 

2 利回り計算 ※本日(11月3日)時点 ※100株の場合

 Aパターン:半年で100万円以上買い物する場合

 Bパターン:1年間で40万円買い物する場合

 Cパターン:1年間で10万円買い物する場合

 

・株価 2,674円

・予想配当と利回り 36円:1.2%

・優待権利確定月 2・8月

・優待利回り A:22.4%、B:4.5%。C:1.1%

・合計利回り A:23.6%、B:5.7%、C:2.3%

※利回り計算は100株保有の場合であり、それよりも多く保有した場合利回りは低下します。

 

 

A、B、Cパターンを見て分かるように、イオンなどでの買い物金額によって利回りが大きく左右されます。現在の私の生活スタイルでは、イオンの株主優待で十分な利益を享受できていません。Aパターンの方=生活に必要な買い物のほとんどでイオン系列を利用する方には非常に魅力的な数値です。毎年6万円強のお小遣いがもらえることと同じ意味になります。

 

 

 

優待と配当の合計利回りが5%以上で高利回りと言われることが多いため、

「家族含め、イオンなどで、毎年、1年間に40万円以上買い物する方」

には、とても良い株主優待になるでしょう。

 

 

 

なお、オーナーズカードには、イオンラウンジの無料サービスもありますが、コロナの影響で現在は開いていないようです。

 

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

投資は各個人の責任で行ってください。

当ブログは、特定の会社・商品・個人を制止・抑止するものではありません。

 

 

銀だこの株主優待が届いた

こんにちは あるいは こんばんは。

 

銀だこで有名な、ホットランド株主優待が届きました^^

安定の1500円分のクーポンです。

f:id:ania7:20211016232647j:plain

 

 

封を開けると、500円分ずつ3枚入っています。

f:id:ania7:20211016232709j:plain

 

 

さて、株主優待を目的とした株を買い付けする場合、優待と配当を合わせた利回りを数値基準にすることが多いと思います。次いで大切なのは、その優待券を使用できる環境かどうかだと思います。人口の多い都市に住んでいる方と、地方、転勤族の方の株主優待に対する考え方は変わります。

例えば、今回のホットランドの場合、株主優待券を使用できる店舗は、銀だこを含む11店舗です。該当店舗が近くにない場合、遠出をするか、あげるか、売ることになります。そのため、各自の生活環境に合わせた株主優待を選ぶことが望ましいです。

都市部に住んでいる方が、優待券を使用することのできる店舗が多く、金券ショップも多いことから高値で売れる可能性が上がるため、優待券を使用する上では有利でしょう。

 

 

 

それでは、たこ焼き『築地銀だこ』が主柱で、たい焼き『銀のあん』も展開し、台湾・香港などアジア軸に海外進出しているホットランドの優待券を利回り目線で見てみます。

 

 

 

利回り計算 ※本日(10月16日)時点 ※100株の場合

・株価 1373円

・予想配当と利回り 5円:0.4%

・優待権利確定月 6・12月

・優待利回り 2.6%

・合計利回り 3.0%

※利回り計算は100株・500株・1000株保有の場合であり、それら以外の場合の利回りは低下します。

 

 

合計利回りは4%に届きません。利回り計算だけでみると、配当と優待の合計5%を超えると良いとされているますから、そこまで推奨銘柄としては出てきませんね。さらには、2020年12月の配当は無配でした。

銀だこが好きで、半年に一度は必ず行く方に向いている銘柄となります。

 

 

 

f:id:ania7:20211016234006p:plain

私のホットランド株は、3000円の含み益まで戻りました。

前回のブログ(ホットランドの株主優待券が届いた - ゼロから始めるほったらかし運用生活+

)と同じことを書きますが、今後売ろうと思っている銘柄の一つです。

 

 

ネガティブなことを書いてしまっていますが、前回の優待券は銀だこでの一人呑みに使用しました。おそらく、優待券がなければそんな使い方をしなかったので、頂いている特典は楽しんで使用しています。

 ハイボール ✕ たこ焼き = しあわせ

という数式をお試しあれ♫

 

 

 

^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

投資は各個人の責任で行ってください。

当ブログは、特定の会社・商品・個人を制止・抑止するものではありません。

 

 

米国株・日本株の配当金を受け取った(7〜9月分)

こんにちは あるいは こんばんは。

 

米国株と日本株の配当金を受け取りました。

2021年7月から9月までの3ヶ月分です。

 

 

○ 米国株

入金を除くと、税引き後$557、約63,000円

f:id:ania7:20211011191839p:plain

入金分などは、NISA枠を埋めるために割安と思ったBTIを買い足しました。

 

 

 

○ 日本株

税引き後約9,000円。

f:id:ania7:20211011191210p:plain

以前も記載しましたが、配当金の多い=利回りの高い日本たばこ産業JT)をNISA枠で買い付けしなかったことは失敗でした。今後、配当金の税金も高くなる可能性もあり、配当利回りが高く安定性もある銘柄は、NISAなど税制優遇を活用する方が望ましいと思います。

 

 

 

 

○ 配当金の推移 ※米国配当金はその月の為替で概算

2021年の配当 計約213,000円

 7-9月 72,000円

 4-6月 86,000円

 1-3月 55,000円

2020年の配当 計約79,000円

 10−12月 44,000円

 7−9月 35,122円 ※日本株のみ

 

 

 

今年も残り3ヶ月を切りました。iDeCoふるさと納税など、年間での運用スケジュールを確認し、来年に備えていきたいと思います。

また、前回同様、仮想通貨ETFをスタートできるよう待ちつつ、テンセント・アリババ・バイドゥ・中国平安保険等中国代表的な民間企業にのみ投資することを可能にしている世界初のETFといわれるCXSEの買い付けタイミングを図ります。

 

 

家族分の資産も管理する方法

こんにちは あるいは こんばんは。

 

 

「なるべくお金をかけずにパソコンを買って、エクセルなどで保険・資産についてまとめたい。また、家族分の資産運用を管理するための効果・効率的な方法を知りたい」と質問があったのでまとめます。

 

 

最近、周りからよく聞く資産運用は、「家族の誰も興味がないから自分がするしかない」といった声です。また、多くの人が様々な人が資産運用しておりますが、内緒にしているわけではありませんが、なかなか同僚や友人とそういった話をしないのが普通のようです。

 

 

多くの場合、自分の資産運用を考えていると、次に考えるのは、家族分のiDeCoやNISAといった制度の利用を含めた家族全体の資産運用です。

 

 

そこで、一人で(パソコン1台で)、なるべくお金をかけずに複数人の資産運用を管理するためのポイントを、

 ・パソコンの購入とエクセル

 ・ブラウザ設定

 ・セキュリティ

 ・メールアドレス

の4つに分けてまとめてみました。

 

 

 

 

 

1 パソコンの購入とエクセル(表計算

 パソコンについては、目的と好みがあるため、何とも言えませんが、私であれば以下の2つをまず考えます。

・クロームブックの3万円くらいの新品パソコン

・iPadAir(福袋2万円)とキーボード(五千円)

 

 

できるだけ安くデバイスを購入するときのポイントは、4点です。

 ・パソコンの値段はいくらでも高価なものがあるため、利用にあったものを選択する

  ※ネット検索とエクセルなら、高い性能や機能は不要

 ・タブレットであれば、他の用途と合わせて使用できる

 ・ヨドバシやビックカメラの福袋は、確実ではないがデバイスを安く手に入れるチャンス

 ・キーボードが1つ2つ故障している、充電が早くなくなるなどのマイナス面がよくあるため、中古商品はなるべく避ける 

 

 

次にエクセル(Excel)は、マイクロソフト社の正規ライセンスを購入するのも良いですが、オープンオフィスリブレオフィスといった無料のものがあります。個人で、家計、保険、簡単な運用をまとめる程度であれば、これらで十分です。

無料総合オフィスソフトウェア - Apache OpenOffice 日本語プロジェクト

ホーム | LibreOffice(リブレオフィス) - 無料で自由に使えるオフィスソフト - OpenOffice.orgの進化系 - Microsoft Officeと高い相互運用性

 

無料の表計算ソフトなどの短所は、互換性があまりなく、機能も少ないことです。オープンオフィスなどで作成したパワポを、正規のOfficeで読み込むと、たくさんのずれが生じ、仕事で使えるレベルにはなりません。

 

 

 

 

2 パソコンのブラウザ設定

1台のパソコンで、複数のブラウザを、一人ひとりに割り当てることをお薦めします。

 

例として、

 ・本人:Edge  ※エッジ:Windows標準

 ・旦那or妻:Chrome ※追加でインストール

 ・他(お子さん、その他の扶養家族等):Firefox ※追加でインストール

といった設定をします。

 

他にも、サファリ、インターネットエクスプローラ、オペラなど、多くのブラウザの種類があるので、何人分でも追加可能です。複数アカウントで資産を管理するのも良いですが、アカウントの切り替えが手間になります。

 

 

 

次に、ブラウザ毎に証券会社・銀行会社・iDeCoなどのアカウントを登録し、IDとパスワードを「ブラウザに保存」します。すると、それぞれのブラウザで証券会社などにログインするたびにIDとパスワードを入力する必要がありません。

 

これだけで証券会社などの管理がとても楽になります。エッジで本人の楽天証券にログインしたまま、クロームでご家族の楽天証券にログインし使用することも可能です。すると、二人分のデータが混ざることなく、隣に並べて管理することもできます。

 

 

 

 

 

3 セキュリティ

投資や運用を始めると、今までよりも多くのIDとパスワードを管理しなくてはなりません。

 

セキュリティの基本として大切なのことは、

 ・どんなにセキュリティ対策をしても100%守ることはできない

 ・パスワードを使い回さない = 全てのパスワードを別々にする

  ※正確には、すべてのIDとパスワードのセットを同じにしない

 ・パスワードは、長さが一番重要 → 12桁以上で英数記号使用を推奨

という考え方と準備です。

 

 

一番大変だと言われるのが、「全てのパスワードを別々にする」ことです。

なぜ別々にする必要があるかというと、同じID・パスワードを利用していると、どこかどうでもいいウェブサイトに登録したID/パスワードが漏えいしてしまった場合に、他のウェブサイトやサービスに不正にログインされてしまうためです。

例えば、TwitterのID/パスワードと、A社のポイントカードのID/パスワードを同じにしていた場合、A社のポイントカードのウェブサイトからID/パスワードが漏えいした時に、Twitterに不正ログインされてしまいます。つまり、利用者本人は何もしていなくとも、利用者の情報漏えいやクレジットカードの不正利用の被害に遭ってしまいます。

 

 

では、どのように別々のパスワードを設定する方法があるか。

 

これは主に、パスワード管理ソフトで一元管理するか、ブラウザに自動で強固なパスワードを保存するか、自分ルールを作る方法などがあります。

 

自分ルールについての一例を紹介します。

 ・「Prtndr」:Official髭男dismさんのPretenderの子音

 ・「7060」:Official髭男dismさんの結成日の逆順

 ・「ibs」:SBIの逆順

を利用し、SBIのパスワードは「Prtndr7060sbi」にし、楽天のパスワードは「Prtndr7060rktn」にするといった方法があります。

 

 

また、セキュリティ対策として、ブラウザへプラグインなどの追加機能は利用しないほうが良いと思います。これは、機能を追加すればするほど、ブラウザなどの弱い点が増えていき、不正に利用される可能性が高まるためです(=ウェブサイト見るだけで情報が漏えいする被害に遭う可能性が高まる)。そのため、趣味でブラウザのプラグインが必要な場合などは、また別のブラウザを用意するか、アカウントやパソコンを別にすることを勧めます。

 

ちなみに私はChromiumというブラウザが好きです。

 

 

 

どんなにセキュリティ対策をしても100%守ることはできないため、万が一、不正に利用がされた場合・される前の対応が求められます。

不正利用の対策として、

 ・未然の防止

 ・早めに気付く

 ・不正に利用された後の対応

の3点が大切になります。

 

未然防止に関しての基本は既に上記で述べたID/パスワードの管理です。できる限り早く気づく方法として、資産管理アプリの利用が便利です。無料でも利用でき、不正利用があった場合に2,3日で気付ける場合が多いです。昔のブログで紹介しています。

資産管理ツールノスヽメ - ゼロから始めるほったらかし運用生活+

 

 

 

 

4 メールアドレス

上記のブラウザ同様、投資・運用を始めると、様々なウェブサイトにメールアドレスを登録しなければなりません。また、投資・運用の勉強をするため、準備をするためなどに、他のウェブサイトにメールアドレスを登録することも増えるでしょう。

 

そのため、大事なメールアドレスと、そうではないメールアドレスを分けることを勧めます。これは、上記のパスワードを別々にするという話にも関連してきます。

 

 

また、(当たり前ですが)職場のメールアドレを使用してはいけません。職場のメールアドレスで個人利用のウェブサイトに登録したがために、勤めている会社の情報が漏えいしてしまったケースもあります。

 

 

メールアドレスなどを分けると、パソコンやスマホで入力が億劫になります。その場合は、パソコンやスマホの「辞書設定」などで、「め」と打つとメールアドレスが表示されるようにしておくととても便利です。私の好きな辞書設定は、

 め:自分のメールアドレス  ※5種類くらい登録

 0:自分の携帯電話

 い:家の住所

 お:お疲れ様です。

 ご:ご確認宜しくお願い致します。

 などです。

 

 

 

 

皆さんのオススメの管理方法があれば教えて下さい^^